テーマに即して内容を凝縮した二三千文字の記事が増やすのには事欠かなかった

ブログのGoogle検索で好調な記事を考えてみると文字数は意外と関係ない。四百字以下の短い記事でも検索エンジンの掲載順位が高かったりしている。他のサイトでも偶に見かけるけど、とても興味を引かれる。

コンテンツの品質がどのように把握されているのか、Google検索によって。たぶんキーワードの主旨を突いている記事が好まれてそうなんだ。ランクブレインに基づいて検索エンジンの利用者がキーワードで知りたい何かを提示しているコンテンツが高品質と評価された結果なのではないか。

テーマに即して内容を凝縮した記事が文字数の多少に拘わらず、Google検索に向いている可能性が高いと認められるわけだ。

他方、一万字ブログとか非常に文字数の多い記事はどうなっているか。僕は幾つかやってみたけれども検索エンジンには必ずしも芳しくないような印象を持たされてしまった。これは案外だけれどもテーマが広がり過ぎると内容が薄く見られ易いのかも知れない。短くても好まれる記事が内容の凝縮のせいならば当然だろう。検索エンジンにはピントがぼやけるように一万字ブログの主旨は丸ごとサイト評価には結び付き難いのではないかしら。

記事の文字数は多くても五千くらいまでが良くて二三千くらいだと様々なキーワードでヒットするような傾向が見られている。ブログでGoogle検索からアクセスを伸ばすためには二三千文字の記事を増やすことが最も効率的な方法かも知れない。タイトルと本文でキーワードを色々と組み合わせながら検索結果に出られる記事ならばそれだけでもアクセスは多方面から獲得するはずなので、きっと大助かりという。

何れにしてもテーマに即して内容を凝縮するとコンテンツの品質が高いとGoogle検索には思って貰えそうだし、そうした記事や記事を載せているブログのサイト評価が速やかに上がるような感じがしてならない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジャパネットたかたの丸尾詩織の商品説明に気持ちが入っていて素晴らしい理由

BIGLOBE Wi-Fiが繋がらない場合の対処法

ブラックキャブの運転手という必死に努力してしか叶えられない夢に