投稿

森高千里の私がオバさんになってもをオジさんになってから聴いてみた初めての感想

イメージ
発売日が1992年の6月25日で、青春期の真っ只中に初めて聴いた森高千里私がオバさんになってもの感想は振り返ると珍しかった。

曲がどうこうというよりも先に自分が同じように年を取ってから又聴くことがあるのかが訝られた。生きていて思い起こせばあるのは明らかなはずだったけれども信じられなくて認めたくもないために想像力が途切れていたようだ。
何も言葉にはせずに本当の感想は取り置かれてしまいながらそして変わった曲だし、取り分け面白い歌詞だとかなんて普通のというか、音楽としての又別の言葉しか出て来なくなっていた。
考えると森高千里の私がオバさんになってもには個人的に悔しさを受け取らされた心だったに違いない。
自分がオジさんになって物事を判断するのは若いままでは真実を損ってしまう。にも拘らず、強いられている曲こそが森高千里の私がオバさんになってもだったんだ。シャボン玉が弾けて消えるように夢が終わりを告げ兼ねない。青春期の喜びを味わい続けるためには歌謡曲のちょっとした印象でも言葉を探すのはもう止めるべきではないか。人によっては反対だったかも知れないにせよ、僕にとっては「人生の頂点」(心持ち)に他ならない二十歳前後の日々だったせいみたいだけれども頑として真実からは遠ざけてしまわずにいなかったと認める。
森高千里の私がオバさんになってもについて感想を述べるならば晴れてというか、体力も落ち捲って別人のようでは第二の人生とも過言ではないほどの四十歳を過ぎた状態は正しく辛いものの本当にオジさんになってからが良かったはずなので、安心しながら考え出せるのが嬉しい気持ちだろう。
当時は判然としなかった魅力が良く分かる。皆と同じで普通かも知れないけれども死ぬまでずっと捨てられたくない思いが出ているのがロマンチックで、しかも正直だから森高千里の私がオバさんになってもは気になる歌だったんだ。
本人も本当にオバさんになってからYouTubeのセルフライナーノートで最初の紅白歌合戦の出場曲だったと教えてくれていた。世間的にも相当にインパクトが大きかったらしい。事前にザ・ストレスハエ男を聴いていた身としてはこっちが余程と爆弾的な歌謡曲だったはずだけれども私がオバさんになってもも確かに記憶に残り易い仕上がりから何となく似た感じで受け留めていたのは事実だった。
総じて言葉の刺が著しい。詞を書いているのが森高千里の場合の曲は…

GoogleがiPhoneでもAndroidと同様にスマホの検索エンジンの利用者を増やすのはきっと勉強好きに適している

Appleのパソコンやタブレットやスマホが動作している大元のシステムアプリのiOSのデフォルトのブラウザはSafariという。インターネットのサイトを閲覧・操作できる。Safariには幾つかの検索エンジンを使い分ける機能が付いているけれども何もしないとGoogle検索をデフォルトで使用するように指定されている。
近年は検索エンジンの利用者はスマホが多くてAppleだとiPhoneだけれどもデフォルトのブラウザのSafariでデフォルトの検索エンジンを使うという最も簡単な方法へ入り込むためにGoogleは多額の契約金を支払っていたと分かって驚いた。
Androidを開発するGoogleはiOSを開発するAppleのライバルですが、iOSのデフォルトの検索エンジンになるためにGoogleは、なんと30億円ドル(約3300億円)という破格の契約金を支払ってると報じられています。

GoogleがAppleに検索のため3年で3倍増の年間3000億円超えを支払っているのにウィンウィンの理由は? via GIGAZINE
2014年に約1100億円だったのが三年後の2017年に約3300億円と三倍に跳ね上がっているらしい。
Googleの検索エンジンの宣伝費用といって良いかも知れない。AppleのデバイスでブラウザのSafariから設定を変えずにインターネットをやっていると検索エンジンはGoogleになっている。最初から気に留まり易いわけだけれども検索結果のヘッダーには「Google」のロゴが出ていたりもして利用者はどんな検索エンジンを使っているかを速やかに覚えずにいない。検索エンジンの性能が高ければ他に変える必要も特に持たないはずだし、利用者が気に入れば将来的にデバイスやブラウザを変えた場合でも検索エンジンだけは変えたくないとGoogleを又使いそうだから費用対効果は非常に大きいと考える。
検索エンジンの利用者は年々とスマホが増え続けているけれどもAndroidとiPhoneが二大勢力なんだ。AndroidはGoogleのシステムアプリでデフォルトのブラウザのデフォルトの検索エンジンにはGoogleが指定されている。するとiPhoneでもGoogleがデフォルトの検索エンジンならば全世界の殆どの人たちにとって幅広く馴染まれる結果に結び付くに違いない。
GoogleがAppleにiPhone…

神風特攻隊を志願して死を選んだ石丸進一の人生で最後のプロ野球選手としての顔付きが凄い

イメージ
Shinichi Ishimaru by Japanese Navy news team [Public domain], via Wikimedia Commons
格好良過ぎる表情に驚かされるし、命懸けの思いを秘めた顔付きが凄いという他はない。
プロ野球選手だった石丸進一が神風特攻隊に任命されて爆弾を搭載して死にに行く零戦の前で今正に人生で最後のキャッチボールを野球が本当に好きだったと心から噛み締めるように行っている写真を見付けた。
神風特攻隊を調べるとやる気がない兵士が多かったと分かったけれども石丸進一は違う。自ら志願して日本のために死を選んだらしくて顔付きもそれだけ勇ましさが溢れているのではないかと瞬く間に頷かれる。
写真ではプロ野球選手としての生涯を名残惜しみつつも自分らしさを解き放つようなキャッチボールと共に責任感を持って神風特攻隊の二度と生きては帰れない任務を覚悟を決めて遂行しようとする命懸けの思いがはっきり伝わって来るから第二次世界大戦の戦争物語に打って付けのドラマチックな感動を呼び覚まさずにはいない。
普通に考えて当たり前に思い浮かべる有り難みも非常に大きい。この人がいてくれたからこそ今の日本も存続しているわけだった。歴史的な重みが犇々と味わわれてしまう。もはや足を向けて寝られないとも過言ではないだろう。国の存亡を賭けた一人の人間の佇まいにはどんな仕方で果たされた後世からでも涙を誘うように胸打たれるのが自然に違いない。
石丸進一の零戦の前でのキャッチボールの写真は魂が震える瞬間が素晴らしい詩の一節のようにまるで表現されていて注目せざるを得なかった。
我、人生二十四歳にして尽きる。忠孝の二字。

石丸進一の神風特攻隊で出撃する鉢巻
石丸進一は二十二歳(数え年:二十四)で戦死した。神風特攻隊はプロ野球選手でも唯一らしい。どうして他の兵士たちと違って志願するまでにやる気があったのか。人間的に興味を引かれながら考えてみたくならせる。
石丸進一の生い立ちと性格について
Shinichi Ishimaru by Unknown [Public domain], via Wikimedia Commons
少年期、父親が自分の子供たちには苦労させたくないと学歴を付けさせるために学費を借金していたらしい。
石丸進一は子煩悩な父親の身を削る思いを誰よりも感じながら過ごしていたという生い立ちが…

日本の第二次世界大戦の神風特攻隊をちょっと前の万歳突撃から理解しておこう

イメージ
テレビで池上彰の戦争を考えるSP第9弾『特攻』とはなんだったのか(日曜ビッグバラエティ)を観て第二次世界大戦での日本の神風特攻隊(神風特別攻撃隊)の知識が増した。
A6M kamikaze attacking by USN [Public domain], via Wikimedia Commons
最も興味深かったのはやっている兵士たちが気乗りしてなかった。戦時中のメディアは国民の士気を高めるためだろうけれども神風特攻はいつも勇ましく出陣していると伝えていた。後から観ても国のために率先して兵士たちは神風特攻隊で死んで行ったように感じてしまう。
本当は違う。日本は劣勢で、アメリカにどんどん追い詰められて第二次世界大戦は勝ち目がないと戦地では誰もが分かっているに等しかった。にも拘らず、神風特攻隊が行われていた。なぜかと疑問が改めて大きく浮上して来てしまう。兵士たちは好き好んで爆弾を巻き付けた零戦(零式艦上戦闘機)に乗り込んで命と引き換えの任務を遂行していたとばかりはかぎらなかったとしたらもはや無残に散ったとしか捉えられないだろう。
大西瀧次郎(海軍中将)が発案した。特攻の生みの親とも称される。日本には勝ち目がないから神風特攻隊で無謀な賭けに出るしかないと神として崇められもした昭和天皇が最高責任者として気付けば第二次世界大戦を続けても仕様がないから直ぐに終わらせると期待していたらしい。
特攻を行えば天皇陛下も戦争を止めろと仰るだろう

大西中将/金子敏夫の神風特攻の記録
ところが何も変わらなかった。昭和天皇は「そのようにまでせねばならなかったか。よくやってくれた」といったらしい。しかし直ぐには終わらせなかった。または周りの要人たちが止めたがらなかったせいかも知れない。何れにせよ、大西中将の期待は裏切られて日本はアメリカに劣勢のまま、神風特攻隊は戦場の攻撃力として比較的に役に立つみたいな仕方で、さらに増やされながら戦争は続けられていた。
レイテ沖海戦の敷島隊の五人(関行男/隊長・中野磐雄・谷暢夫・永峯肇・大黒繁男)で神風特攻隊は初めて結成されたらしい。
St. Lo First Kamikaze attack by US Navy [Public domain], via Wikimedia Commons
振り返るとちょっと前のマリアナ沖海戦の一角としてガダルカナル島の戦いで同じような戦法…

板野友美が二十六歳でリリースの水着写真集は頑張っていると応援したくなるくらい良いね

イメージ
AKB48で最初に好きなのが板野友美だった。そこから良いのは篠田麻里子だと気持ちが変わってもう終わりだと思っていた。
板野友美がAKB48の窓口みたいな感じで、僕にとってはセブンイレブンのテレビCMでアヒル口をやっていたのが、一体、何だろうと気を引かれたんだ。AKB48はどんな人が集まっているグループなのかとちゃんと見るように変わった。
すると最も可愛いのは篠田麻里子ではないかと驚きつつも新しく感じて世の中ではヘビーローテーションEveryday、カチューシャ恋するフォーチュンクッキーでAKB48が非常に盛り上がっていた頃だったけれども何人ものメンバーの中で篠田麻里子ばかり夢中になって探していた。
どこかへ行ってしまった板野友美が写真集のReleaseを出すんだ。完成して本人のInstagramでもちょっと紹介されていたけれども本当に良いと思わずにいない。
板野友美さん(@tomo.i_0703)がシェアした投稿 - 2017 6月 12 1:16午前 PDT
久々にせよ、知るや否や気持ちが又引き寄せられて篠田麻里子こそ今度はどこかへ行ってしまっているんだ。
今はもう二人ともAKB48ではないからどちらを見ていても関係ないかも知れない。
板野友美のReleaseは水着の写真が満載で二十六歳で発表されるんだ。撮影したのは今年の四月のハワイで七月三日の誕生日から数ヶ月前の二十五歳だったみたいだけど、およそ二十六歳から二十八歳くらいまでが人間の美しさとして男女とも見た目では頂点みたいに個人的には受け留めている。グラビアならば旬の時期を逃してはならないという絶好のチャンスを捉え切っている写真集ではないだろうか。
板野友美は水着の写真が満載のReleaseで人生そのものを個性的に明るく表現しているのが素晴らしいと感動を覚えてしまった
本当に自分らしさを大事にしながら芸能活動を行っているようで、好感度が上がったし、頑張っていると心から励みにするまでに喜んで応援したくなって来る。

チェックするとソロで歌も出していた。♯良いね!が本当に良いねと思った。どこかで聴いたことがあったかも知れないような懐かしさが不思議に気持ち良い。
今年の五月にリリースされていて同じ流れから写真集のReleaseも三ヶ月後の八月に正しくリリースされるのではないか。やはり良いねと思うしかない仕上がりだろう。自分らしさが満載…

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ
偶に始まらなかったり、途中で止まったりもしていたPlayストアでのAndroidアプリのダウンロードは安定して来ていると思うし、喜ばしいかぎりの昨今だけれども速度自体はいつも同じではないから何だろうと訝られる。
余りに遅過ぎるわけではないし、お手上げとまでは行かないにせよ、非常に遅い場合もある。
Playストアのアプリが不調でなければサーバーが混雑しているか、手持ちのスマホの通信状態が良くないかのどちらかではないかと考えていた。
時間帯によって変わるような感じがするし、朝方は物凄い勢いでダウンロードが進んでしまうので、狙い目ではないかと逆にPlayストアのサーバーやスマホの通信状態が皆に使われてないはずの時間帯を選びたい気持ちでツイートしていたらPlayストアの公式Twitterから返信を貰ったんだ。
Google Play ストアでのアプリの更新やダウンロードが遅く感じる場合は、端末の接続状況を確認後、端末の [設定] > [アプリ] > [Google Play ストア] のデータ / キャッシュを削除し、端末の再起動をお試しください。

Google Play via Twitter
念のために試すことにした。スマホの設定アプリの「Google Play ストア」のストレージのデータとキャッシュを消去して再起動する。Androidアプリのダウンロードが遅くなるのがPlayストアのサーバーか、スマホの通信状態のせいならば何も変わらないはずだ。
スマホのPlayストアのストレージ via Android
特に何も変わらなかった、やはり。全然、ダウンロード、またはアップデートも繋がらないみたいに不具合が起きているならばスマホの設定アプリからPlayストアのデータとキャッシュを消去して再起動するのが真っ先に必要な方法だろう。時間帯によって遅くなるという状態についてはPlayストアのサーバーか、スマホの通信状態が原因ではないかとPlayストアのツイートには返信しておいた。
日中が遅くて深夜から朝方にかけては物凄く速い。どちらかというとスマホの通信状態は大きく変わらないはずなので、Playスマホのサーバーが混雑しているかどうかが影響している可能性が大きいと思う。
速いと10MBが一秒程度しかかからない。普通で二三秒で、遅いと五秒以上かも知れない。
気付いてPlayストアでAndro…

ブログのアクセスアップのペースが検索エンジンのロングテールキーワードに引っかかる記事で高まって来た

イメージ
Search Console検索エンジンからブログのアクセスが一時的に急上昇した日のデータが取れた。全ての検索結果が反映しているわけではないけれどもとても意外な数字を得たんだ。というのは普段から予想されるよりも大きく変わらなかった部分が多い。
検索アナリティクス via Search Console
四倍のアクセスだったのにGoogleでの表示回数は二倍以下で、クリック数も四倍以下だった。掲載順位も少し上がっただけだったので、Yahoo!を加味すれば検索エンジンから得られた四倍のアクセスにおよそぴったりの数字だったけれどもGoogleの検索結果の中身が非常に面白かった。
表示回数が二倍以下で、クリック数が四倍以下の三倍以上だったから掲載順位が少し上がったとしても今までよりも人が多く来過ぎていた。
気付くのはブログのサイト評価が上がるほどに検索結果でのクリック数が上がり易くなるのではないか。アクセスの伸び率が上がり易くなるからブログが成長するスピードが増して来たように思うんだ。
非常に有り難い、本当だとすれば。最終目標のサイト広告で生活費を稼ぐだけのアクセスを得るまではアクセスの伸び率が上がってブログが成長するスピードが増すかどうかが最も重要な要素だ。
いい換えれば訪問者が増え難いほどに時間がかかって死んでしまうブロガーでしかないだろう。
普段、表示回数が千回で、クリック数が五十回だった。検索エンジンからブログのアクセスが急上昇したという真夜中のドカンで、表示回数が千六百回で、クリック数が百八十回だった。掲載順位が少し上がっているからブログの記事がGoogleの検索結果で目立って以前よりも人が来易くなるのは当然ながら想定されるよりは多そうだった。
すると非常に面白いわけだけれどもサイト評価が上がってブログの検索結果の状況が良くなるとそれだけ人が多く速やかに来ると考えられるんだ。
例えば一日に五十人から百人へ伸ばすのは難儀だけれども百人から百五十人へは簡単みたいにサイト評価が上がってアクセスそのものが増えるほどに来る人の割合そのものが上がる。
検索エンジンでのサイト評価が上がるほどにサイトのアクセスアップのペースが高められる可能性が出て来た
アクセスの伸び率が上がってブログが成長するスピードが増すと本当に嬉しい。
初めて実感している。表示回数やクリック数に閾値があるかも知れない。まるで会社…