投稿

やる気を高めるためには必死に頑張るだけではなくて失敗を恐れない勇気も欠かせない

ブログの検索エンジンからのアクセスが、二週間以上、足踏み状態に陥っている。掲載順位は落ちていたのが戻りつつあるから大丈夫だと思うし、来週から良さそうだけど、今週からそうなると予測したのが外れたから悲しくてやる気が完全に失せている。
落ちていた掲載順位が完全に戻るまでは検索エンジンからのアクセスが持ち直さないということならば笑ってしまうけれども来週からチェックするしかない。期待していると又肩透かしを食らって掲載順位が反対に落ちてしまうかも知れないので、本当にどうしようもないけど、やる気が失せていると碌なことを思い付かないわけで、とにかく未来は暗くなるばかりだ。明日、否、今直ぐにもうここから誰も来なくなるブログに他ならないのではないかと不吉な予感で生活そのものが覆い尽くされてしまう。
ブログには四百件以上の記事が掲載されている。だから一日百人で喜んでいる場合ではないし、本当は検索エンジンでのサイト評価が低くてアクセスは余りに酷過ぎるんだ。理想的には記事数に見合った人数を確保しなくてはならないブログのはずだ。検索エンジンに有利な記事もあれば不利な記事もある、キーワードによって。ただし全体で均せばそれぞれは相殺されて一つの記事で一日一人が理想的だから現状は四百人以上が求められる。
ブログを開設して、一年以上、経たないとGoogle検索でのサイト評価は安定しなくて底上げされないからたぶん考えても仕様がないんだけれども黙って記事を増やし捲るのも苦しいのは事実だ。少しでもアクセスアップが可能ならば一年後に全記事が一気に盛り上がるにしても潜在能力を高めておくには越さない。
人を数多く呼べる記事、ブログとは何かを前以て着々と整備し続けて行かないといつか検索エンジンに好まれてアクセスアップのスイッチがはっきり入ったとしても得られる結果は理想的な水準に遠く及ばないかも知れないわけだ。
巷ではブログを開設して三ヶ月で一日何千人も達成したと良く聞かれるし、全体から見ればほんの僅かなブロガーの発言にせよ、多少とも追い付くような手応えがなければ自分自身で期待しながらブログを更新するのも虚しいかぎりだ。
些細な日常は半年で一日百人も危ない。前のブログのSuper Leak(旧些細な日常)なんか一年半でその半分にも至らなかったし、検索エンジンに好まれない要素があれば少しでも見落とさずに修正できないと不味い。
両…

イースター島で気になるモアイの五つの鑑賞スポット

イメージ
イースター島(ラパ・ヌイ国立公園)のモアイについて好んで調べてみると先祖の霊を祀っていて島民の守り神だったと分かったけど、しかし一つの謎が解けても又別の謎が生まれて来るようで、モアイそのものの造形から芸術的な関心、または存在から文化的な興味を受け取りながらとても興味深い気持ちに駆られ続けてしまう。
モアイはイースター島のあちこちに点在していてそれぞれに趣きが異なっているので、気になるモアイの鑑賞スポットとして五つを選び出しながらどんな感じなのかを纏めておきたいと思う。
鑑賞スポット①アフ・トンガリキ
Easter Island, Ahu Tongariki by Arian Zwegers [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
イースター島で最大の祭壇/アフで十五体のモアイが並んでいる。海を背にして著しく連なる巨大な佇まいが見るからに島民の守り神らしい様相を呈している。崇高そのものとも過言でないだろう。
胸を締め付けられる感じがする、計らずも。海鳥の声がどこからともなく聞こえて来るようで、果てしなく心に染みる詩情を湛えているモアイの魅力を象徴的に示している。
本当に行ってみたくならせる。モアイは不思議なロマンを与えるけれども顔自体が体というイメージの美しさに惚れる。気持ちが全てみたいな人々の生き方が反映してそうで、命が燃え上がる瞬間を未来永劫に捉えているのではないか。嬉しくて実物からかけがえのない幸せに肖りたいと引き付けられずにいない。
鑑賞スポット②アフ・アキビ
Los Moais de Akivi, Isla de Pascua by Claire Provost (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
七体のモアイが精妙に並んでいる。イースター島では珍しく海に向かって立っているらしい。高台から海を見下ろすような感じで、唯一ともいわれる。
大空と比べると流石に小さいようだ。七体ではモアイも祭壇では圧倒され過ぎないせいか、人間に近いという情緒が漂っている。余白が際立ってこの世とをあの世を結び付けながら魂が飛び交っていると想像してしまう。
正しく霊感が刺激される配置では目に見えない神殿の支柱そのもののモアイがアフ・アキビだろう。厳粛な祈りに誘われる。自分も先祖と同じようにいつかは死んで世界に別れを…

アレクサンダー・セメノフの壮麗なかぎりの水中写真と野生動物を撮影する際の心構え

イメージ
一度、目にしたら容易に忘れられない美しさとはこれではないかと感じさせて止まない壮麗なかぎりの水中写真の数々を生物学者で写真家のアレクサンダー・セメノフの写真撮影から驚きながら覚えたんだ。
Pegea confoederata by Alexander Semenov via Flickr
色鮮やかで不可思議な形の生き物たちが幻想的な印象を与える。さながら御殿のようだ。思い起こすとやはり壮麗なかぎりだけれども手放せない幸せが人生で尊く示されていて足を踏み入れた誰も彼もが心から喜んでいる。極楽とも過言ではない様相を呈していて現世での不満は吹き飛ばさてしまう。苦しいだけの毎日からは嘘みたいな本当の世界としての住処だ。もはや立ち去ろうとは認められず、去り難いかぎりの思いに駆られる。幻想的な印象と共に御殿とそっくりの生き物たちも胸一杯の真実こそそれぞれに固有の仕方で体現しているわけだ。
しかし人々の美しさへの発想が自然界から取り込まれているとすれば自己表現の事情はおよそ反対かも知れない。素晴らしい建築物のイメージは生き物たちの魅惑する様子にこそ最初から含まれていたと考えて良い。美しさとは何かの問いかけに改めて気付かされるほどに愛しさが増して来る。根源的にいえば些細な日常の触れ合いの奇跡、つまりは好運な恵みだろう。身近な愛しさによって美しさもさらに遠大に生み出され得るに違いない。少なくとも魅惑する様子の生き物たちから目が離せなくなる気持ちは他の世界よりもずっと身近で、抜き差しならない状態を示していると認める。美しさは愛しさだと呼ぶだけの今此処が正しく楽園のようで、よもや尊べばいっそ何もかも抱き締めたくなるくらい衝撃的に感じ入る。

アレクサンダー・セメノフによれば驚きながら受け取らざるを得ない壮麗なかぎりの水中写真の数々をどのように撮影するのかで最も大切なのは生き物を知ることらしい。
野生動物の写真を撮影する場合はまず第一に被写体を知る必要があります。
カメラを設定することやとても良質な望遠レンズを幾つも揃えたりすることでは全くないんです。
まず第一に必要なのは動物の行動やいつどこで出会えるかを知ることです。

写真で学んだ一つの教えー三回目:アレクサンダー・セメノフ via YouTube(結城永人訳)
写真撮影の基本的な意見だけれども含蓄深い言葉だ。被写体を大事にしていてしかもそれなしに写…

睡眠が中心の生活は睡眠負債を抱えない

僕は睡眠時間は成長ホルモンと結び付けて五時間以下では先々も健康寿命が百歳以下ではないかと危惧するけど、ところでNHKスペシャルの睡眠負債が危ないを観たら巷では又別の視点から五時間以下の睡眠時間に警鐘が鳴らされてもいるようで、実に興味深かった。
ところが、1日6時間程度ねむり、自分では睡眠に問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響がまるで借金(負債)のように蓄積することがわかってきました。いま睡眠を研究する専門家たちは、この「蓄積する睡眠不足」を「睡眠負債」と名づけ、対策の重要性を指摘しています。睡眠負債がたまっていると、自分では気がつかないうちに仕事や家事のパフォーマンスが落ちてしまったり、命にかかわるような病気のリスクが高まってしまったりする可能性があるというのです。

睡眠負債が危ない via NHKスペシャル
テレビ番組では専門家の一人が五時間以下の睡眠時間になると危険性が遥かに高くて駄目だと強く訴えていた。
僕は自分と意見が重なっているからなぜだろうと殊更に注目した。
健康に必要な睡眠時間が不足しているだけで、人間は調子を落とすわけで、当たり前だけれどもそうした習慣が長引くほどに身体に定着してしまって偶に睡眠時間を増やしてみても簡単には抜け出せなくなる。
睡眠負債で懸念されるのは人間が能力と健康で低下したままの状態を余儀なくされる。前者は脳のごみと呼ばれるアミロイドベータが睡眠中に除去され難くなるらしい。認知症の主要な原因と目されている物質なんだけれどもアミロイドベータが増えると脳の活動が低下する恐れがある。後者は免疫力が衰えるから癌や他の様々な病気を引き起こし兼ねなくて寿命も縮むかも知れない。どちらも厳しくて六時間の睡眠時間から一般的に確認されるので、七時間以上ならば大丈夫と睡眠負債はないと推奨されている。子供はもっと長く必要だし、老人はもう少し短くても構わないみたいなので、年齢によってばら付きがあるとも指摘されていた。
毎日の睡眠時間が六時間でも能力や健康に悪影響を及ぼすというのは恐ろしいと思う。
どうやって確保するのかは生活を立て直すしかない。
専門家の一人がいっていて面白かったのは睡眠を中心にして毎日の時間割を立てる。夜に七時間以上の睡眠時間を真っ先に確保しておいてから日中の予定を初めて付け加えて行くように考える。見方が完全に逆転している…

睡眠時間を伸ばすために就寝前の深呼吸が欠かせない

どういうわけか、睡眠時間が望ましい七時間を下回ってばかりいた。六時間くらいで起きてしまって嫌だと悩んでいたら暫くすると五時間まで落ちてしまった。健康と長生きへの危険信号に他ならないと焦りながら自分自身に問いかけるように注意してみて気付き出したのが息苦しさだった。
ブログのアクセスが速やかに伸びなくてサイト広告で生活費を稼げないから死ぬしかないと追い詰められる日々のストレスが余りに大き過ぎて呼吸が無意識から弱ったのではないかと考えた。
何とかもう一度、七時間の睡眠時間を確保したくて日中もそうだけれども息苦しさを減らすために呼吸の仕方をはっきり身に付け直さなくてはならないと深呼吸を増やすように就寝前に確実に取り組んでみると睡眠時間が六時間くらいに直ぐに回復したんだ。
就寝前の深呼吸は睡眠時間を伸ばすと覚えておくべきだと思う
望むままに眠れないというのはストレスの影響が大きいはずだし、悩みながらさらに眠れなくなれば睡眠薬を使うしかないと不眠症にかかったりする。ストレスは呼吸を無意識から弱めるので、知らない間に呼吸が荒れたり、乱れたりしながら酸素不足に陥っていては他の様々な不調も引き起こし兼ねないけど、息苦しさが睡眠時間を減らす要因なのは間違いない。
起きてしまう、もう眠っていられないと、息苦しさを強いられながら。
五時間以下の睡眠時間は危険信号だけれども本当に厳しくて避けずにはいられなかった。というのは成長ホルモンが危惧される。健康と長生きのために是非とも欠かせないと考えている。成長ホルモンは就寝してから数時間後に出て来るといわれるので、全身の隅々に行き渡るようにもう数時間は眠っておきたいと願う。すると六時間の睡眠時間が最低線になって来るし、万全を期すならば七時間以上が求められずにはいない。

Twitterアナリティクスで分かる人々の注目

Twitterにアカウントのツイートのインプレッション/アクセス解析が付いていてTwitterアナリティクスという。ツイートにグラフのアイコンで付いていたりもするから全く知らないわけではなかった。インプレッションの他にもエンゲージメント/ツイートへのアクションが幾つも出て来る。Twitterアナリティクスのサイトからだとアカウントの全体の動向が掴み易くてメニューの「ツイート」で所定の期間内の記事の一覧が、さらに記事毎に「ツイートアクティビティを表示」で詳細が確認できる。
Twitterアナリティクスの表示データ
インプレッションフォロワーリンクのクリック数リツイートいいね返信プロフィールのクリック数ハッシュタグのクリック数詳細のクリック数メディアの再生数
使わない手はないと思うし、取り分けアクセス解析でどんなツイートに人々の注目が向けられているかを知りたくなる。サイトのアクセスアップのために取り上げる記事の取捨選択に役立てられそうなのが良い、僕としては。するとツイートにリンク付きで記事を載せてもインプレッションが高まるはずだから本当に有利だと認める。
#ミヤネ屋#小出恵介 の謹慎の話題をやっていてコメンテーターの #杉村太蔵#剣幕 が凄い。未成年と酒を飲むなんてあり得ないと捲し立てる。久々に観たけれども昔の #小泉チルドレン の頃とは余りにかけ離れた姿に #ビックリ した。— 結城永人 (@nagahitoyuki) 2017年6月12日
Twitterアナリティクスで調べたらミヤネ屋を取り上げたツイートが断トツに伸びていて四桁の千回以上のインプレッションを稼ぎ出していたた。
俗にいうワイドショーネタが受けているせいではないかと調べてみてもインプレッションが比較的に多くてテレビや雑誌などの商業メディアで大きく取り上げられているテーマが人気を集めるようだ。
Twitterにミヤネ屋について二つ載せていて耳かきのツイートはさほど伸びてないので、サイトのアクセスアップと同じでキーワードが大事だと思う。断トツに伸びているのは杉村太蔵のツイートだけれども実際に人々の注目が向けられるのは小出恵介が入っていたせいだろう。
巷でミヤネ屋にかぎらず、あちこちのワイドショーで一斉に取り上げられているところで――未成年との不純異性交遊が明るみに出されてしかも俳優としての善良なイメージが打ち…

スマホの電池残量の表示が異常に崩れる不具合の原因

Moto G5 Plusを使い出して暫くしてから電池残量の表示が飛んだのが悲しかった。電池残量が0%に切れかけたところから充電して一気に100%の満タンに上り詰めてしまった。異常に崩れていて不味いと思った。
そのまま、使っていてどうなるか。買ったばかりで故障したのかも知れないし、気がかりで本当に仕様がないけれども今度は逆にというか、充電済みの状態からガタンガタン落ちて従来とは比べようもない電池持ち悪さを露呈した。
電池が壊れたのでは自分ではどうしようもなくて修理に出すか、買い換えなくてはならないけれども実際の症状としてはスマホの電池残量のプログラムが乱れたから表示が異常に崩れたように考えた。
以前も似たような電池残量の表示の不具合に見舞われていた経験がヒントになったんだ。
最初のスマホでシステムアップデートを受けてから電池残量がぐちゃぐちゃで、充電済みからガタガタに落ちるし、充電時間も飛んだのかと早過ぎて使い続けるのも嫌気が差して来たので、一年くらいで予想外に買い換える一因になってしまったという感じだった。
原因は殆ど明らかにシステムアップデートで、調べると同一機種で他の人たちにも報告されていたし、やはりかと確信を覚えるに至った。
スマホの電池残量の表示が異常に崩れる原因はアプリの影響が相当に大きいのではないか
最初のスマホはシステムアップデートの後の不具合だからシステムアプリを変更すれば改善されたかも知れないにせよ、初期化しないと駄目なのも本当に辛いかぎりで、スマホに保存されたデータを事前に移し替えて戻さなくてはならないから手間もかかるにせよ、どこかで何かが抜け落ちるのが最も困るし、万一の失敗する危険性を避けるためには買い換えも選択せざるを得なかった。
Moto G5 Plusの場合はどうか。電池残量の表示が異常に崩れるという不具合の直近にシステムアップデートは受け取ってなかった。すると自分でインストールしたアプリのどれかがスマホのそうしたシステムアプリに干渉しているのではないかと推測された。

現今、スマホの電池持ちを徹底するべく、アプリというとソーシャルメディアとか創作用なんて必要でも入れないものが増えている。
気持ちはタブレットのお陰で、スマホには必要なアプリを全て入れておかなくても良いのではないかと思えたせいだ。電池持ちからするとタブレットは必要なかぎりでしかインターネットに…