投稿

アルベルト・アインシュタインの息子への手紙に受け取られた愛情に満ちて心温まる教育法について

イメージ
どうすれば人は頭が良くなるのか。僕がいつも思うのは性格を高めるのが一番だ。さもなければどんなに頭の回転が早いとしても現実に幸せを齎せはしないだろう。不幸を作り上げる人を頭が良いとは呼べない。良い性格から考え付く全てこそ大事だと捉えている。
例えば政治家の川田龍平科学者のジョン・フォン・ノイマンよりも頭が良いように認める。
学歴でいえば前者は日本で普通の偏差値の東京経済大学で、後者は世界有数の三校:ブダペスト大学(大学院)とベルリン大学とチューリッヒ工科大学だし、両者の知能指数は全く以て比べようもほどにかけ離れているだろう。
ところが性格は反対に著しく対照的なんだ。川田龍平は薬害エイズ事件でエイズに感染しながら国の民主主義的に愚かな運営を二度と繰り返してはならないと命の尊さを主張して止まないのにジョン・フォン・ノイマンは核兵器を開発して日本への原子爆弾の投下を少しも厭わずに余りにも無惨な大量殺戮に手を貸してばかりいたわけだった。
学校の偏差値や脳の知能指数だけで人は頭が良いと判断されるならばおよそ社会は成り立たなくなるかも知れない。翻って性格が良くないと世のため、人のためにどんな災いが招かれても仕方がないから予め注意しておきたい。
就中、性格の良い人の頭が良い。驚いたのはところで科学者のアルベルト・アインシュタインも同じだったらしい。息子の十一歳のハンスへの手紙を見付けて読んでみたら愛情に満ちて心温まる教育法が受け取られたんだ。まるで尾木ママ(教育評論家)のような印象を与えるくらい非暴力的な発想から子育てを理解していたのではないかと気付いたりもした。
Albert Einstein by Ferdinand Schmutzer [Public domain], via Wikimedia Commons
アルベルト・アインシュタインは世紀の科学者で、相対論(どんな座標系でも物理法則は変わらない)が従来の世界観を根底的に引っ繰り返して現代への扉を新たに開いたほどの認識だったし、頭の回転も常人を遥かに凌いでいたにせよ、かつて核兵器には招かれても手を貸さずに第二次世界大戦の二発の原子爆弾で荒廃し切った日本へは心を痛めた平和主義者だったので、人間的に優れていて性格は光り輝くばかりだったし、本当に頭が良いと感動しながら瞬く間に尊敬してしまう。
昨日、貴方から親愛な手紙を貰ってとても幸せでし…

日馬富士のモンゴル会での貴ノ岩への暴行問題と常識破りの貴乃花親方の正義感

イメージ
大相撲の横綱の日馬富士(伊勢ヶ浜部屋)が前頭の貴ノ岩(貴乃花部屋)に暴行して頭部への骨折などの重症を負わせた問題が起きていた。
発覚して詳しい事情が直ぐには掴めなかったけれども少しずつ明るみに出されて来て白鳳の制止を「うるさいよ」と怒鳴り、殴り続けて被害届出された日馬富士の酒癖を観たらついに真相を覚えたと頷けるくらい理解が進んだ。
モンゴル会というモンゴル出身の力士が集まって懇親を深めるための酒席で起きていたらしくて日馬富士は只単に酒癖が悪いに過ぎなかったと思う。もしも貴ノ岩が下らない口振りで馬鹿にしていたとすれば被害者面を見せるのも大概にして欲しいと幾許かは呆れるはずだった。暴行問題の張本人――日馬富士は直ぐに謝罪したり、はっきり認めていたので、本心だろうと合点したんだ――とはいえ、精神的な屈辱を強いるばかりの嫌がらせに苛まれて可哀想だったのではないかと疑念が全く生じなかったわけではなかったんだ。されど完全に覆された様相を呈している。
この関係者によると、日馬富士は、1次会から貴ノ岩をよく思っていなかったようだったという。

「貴ノ岩は挨拶をしたつもりだったが、日馬富士は『なんだ、あいつ』とちょっとムッとしたシーンがあったそうだ。2次会では、ビール、日本酒、焼酎、すごい量がテーブルにならんだ。最初、日馬富士と貴ノ岩は離れた場所にいたが、ビールをつぎにまわった貴ノ岩たち若手といつしか位置が近くになっていた」

最初は同席していた横綱、白鳳が「俺ももう年だよ」と皆を笑わせ、それを受けて鶴竜も「俺は休んでいるのでもっとダメだ」とツッコミを入れてなごやかだった。

その時、貴ノ岩や照ノ富士が「これからは若者の時代ですか」などと軽口を言い、皆がガハハッとなった。白鳳は「俺はまだまだ50回は優勝する」と笑っていたが、日馬富士は貴ノ岩の言い方が気に入らなかったようだ。

白鳳の制止を「うるさいよ」と怒鳴り、殴り続けて被害届出された日馬富士の酒癖 via AERA dot.
知らなかったし、初めて聞いてモンゴル会は面白そうだと驚いた。参加者の大部分が「ガハハッ」では正しく和気藹々としかいいようのない酒席が繰り広げられていたんだろう。
テレビのインタビューで創始者の旭鷲山(元力士)もモンゴル会で互いに争ったりするような騒動はかつて皆無だったと心境を重々しく述べていた。
暴行問題については被害者の貴ノ…

悪魔の頭脳を持つ男と呼ばれるジョン・フォン・ノイマンはコンピューターと核兵器を基本的に作り出していた

イメージ
人類史上最高のIQ(知能指数)は300で、かつて数学者のジョン・フォン・ノイマンが得ていたといわれる。IQの平均値は100だから常人と比べると三倍の能力だった。本人が実際にテストを受けたわけではないので、伝説の域を完全には免れない数値だけれども頭の回転が飛び抜けて早いのは固有の経歴から間違いないようだ。
EDVAC by U.S. Army Photo [Public domain], via Wikimedia Commons
何といっても衝撃的なのはコンピューターの生みの親と呼ばれる人類にとって余りに画期的過ぎる業績だろう。一人で完成してないので、本人のインパクトは些か薄いもののアメリカでEDVACの開発チームに設計のコンサルタントとして参加してプログラム内蔵方式という基本の動作原理を作り出した。コンピューターが例えば只の計算機とは違って色んなことができるように進化したのはそれこそプログラムを内蔵した方式を取っているためで、現行のコンピューターの殆ど全てに採用されている。発案者の名前からノイマン型コンピューターと呼ばれてもいるんだ。近年はプログラムを内蔵しない方式/非ノイマン型コンピューターの中から量子コンピューターがもっと小さくさらに高性能に作り出せるのではないか――量子の非局所性厳密検証に成功――新方式の量子コンピューターにも道――と研究されているらしいけれども一時代を築きながら依然として最有力のコンピューターはジョン・フォン・ノイマンなしには存在しなかった。
俺の次に頭の良い奴ができた。

ジョン・フォン・ノイマン via 心の常備薬
コンピューターが初めて完成した直後、如何にも喜んだらしい言葉を残していたジョン・フォン・ノイマンだったけれども人々の鼻に付くようなニュアンスが込められていた。自分はコンピューターよりも頭が良いと示しているから裏返せば自分以外の全ての人間はコンピューターに及ばなくて頭が悪いとすっかり見下していたみたいに聞こえる。ただし一号機はさほど性能は高くなかったせいかも知れないし、例えばIQ300以下のコンピューターに対して事実ならば無邪気というか、他愛ない一言でしかなかったとは思う。
ジョン・フォン・ノイマンは人間離れし切った突拍子もない存在で、後世、悪魔の頭脳を持つ男とも語り継がれていると知って驚かされた。
ある意味、性格が素直過ぎて人間的にも風変…

オニオンスライスに鰹節と醤油を合わせると美味しいのは健康増進のためなんだ

イメージ
家でオニオンスライスに鰹節と醤油を合わせていつも食べる。美味しいと思う。なぜなのか。玉葱と鰹節と醤油のの栄養の相性が良くて健康増進を図るのに適しているためだと考える。
オニオンスライスの玉葱の効果/効能
玉葱の栄養素はビタミンとミネラルが多種多様に含まれているから健康と長生きに万能の野菜という印象を与える。どんな料理に使ってもビタミンのミネラルの足りない部分を巧みにカバーできるから重宝するはずだ。
食物繊維とオリゴ糖の整腸作用
野菜として食物繊維が取れるのは当たり前だけれども玉葱はオリゴ糖も含まれているのが注目される。糖分が最も多い野菜らしい。しかし大部分がオリゴ糖なんだ。野菜に著しい食物繊維は水溶性で腸内の善玉菌の餌になるけれどもオリゴ糖も同じなので、玉葱は整腸作用が他の野菜と比べて高いといって良い。
人間の腸内の善玉菌は免疫力の七割を司るといわれていて健康と長生きに何よりも欠かせない存在なんだ。元気に暮らすためには最重要の要素だから整腸作用が大きい玉葱は食材として本当に素晴らしいと称えたい。
血液サラサラの三つの作用
他には血液サラサラを促す硫化アリル(アリシン)や硫化プロピルが含まれている。前者は血液の凝固を減らして後者は血管を拡張する。そして玉葱を切ると泣けて来るのはチオフィルフェネートのせいで、血栓を作り難い性質(血小板凝集抑制作用)を持つから食べるとやはり血液サラサラに向かう。オニオンスライスだと確実に多めに得られるだろう。だから人々も思い付いたとすると期待して良いわけだし、硫化アリルと硫化プロピルとチオフィルフェネートの三つの作用で血液サラサラを目指したい。
ケルセチンによる癌予防
ポリフェノールのケルセチンは癌細胞を抑制するらしい。日々、人間は五千個程度の癌細胞を生み出しては消し去りながら生存している。癌細胞を抑制する能力が低いほどに悪化して病気としての癌に罹患する確率が上がって来てしまう。必要な免疫力の七割は腸内の善玉菌が担っていて玉葱は食物繊維とオリゴ糖が役立つけれどもケルセチンも加わって残りの三割の免疫力にさらに働くんだ。有り難いし、癌予防に多めに役立つ。
玉葱は蛋白質も九種類の必須アミノ酸の全てを含んでいるらしくて栄養素のバランスは脂質を除いて本当に優れている野菜なんだ。
元々は滋養強壮の薬として使われていた。だからやはり本当に健康増進にとっても強力なんだ。
元気…

クリスティン・ヴォークトの日常生活をドラマチックに表現した写真は本当に素晴らしい

イメージ
写真の良さは元々は記憶が目に見えるところにあったと思う。過ぎ去った時間が目の前にある驚きが人々を衝撃的に魅了して世の中に広まったのではないか。一つの魔法なんだ。どんな写真でも同じだけれども被写体に注目するとしかし気付かなくなる。写し出された世界が只単に見えると共に奇跡的な味わいを持っていて如何にも写真らしくスタイリッシュに表現するのは難しい。
Woman's face in winter by Kristin Vogt [CC0], via Pexels
クリスティン・ヴォークトは完璧だと甚く感動した。何気ない瞬間が魔法にかかって写真に生まれ変わっているとすると本当に素晴らしくて些細な日常だから個人的に相当に引き付けられもするんだ。
日常生活がドラマチックに受け取られるのは写真家が実現した奇跡的な味わいのせいだ。スタイリッシュな撮り方が非常に際立っている。精妙でちょっと分かり難い――写真家において全てが上手く行き過ぎて恐いくらい自然そのものに纏まっていてイメージに込められた気持ちの詩も透き取っているようだ――けれども被写体に注目するとドラマの一場面を確かに思わせる。人生の流れから取り出され記憶ならでのリアリティーが尊ばしくも存分に繰り広げられている写真なんだ。
センスがお洒落なので、ファッション雑誌の切り抜きのようにも受け取る。知るや否や焦った、どこかでパクったのでは不味いと無料で使える写真にしては完成度が飛び抜けているし。もはやGoogleの画像検索にかけてチェックせずにはいられなかったけれどもクリスティン・ヴォークトは自分の写真を公開している可能性が非常に高いだろう。美しさも被写体そのものはさほど金銭を費やしてなさそうだからファッション雑誌のプロの写真家でなくても本人の表現力でカバーできる範囲に収まっているのは間違いないと思う。
Golden retriever by Kristin Vogt [CC0], via Pexels
A woman with a smile by Kristin Vogt [CC0], via Pexels
Half-eaten blueberry donut by Kristin Vogt [CC0], via Pexels
Dawn beach by Kristin Vogt [CC0], via Pexels
何でも構わないけれどもク…